個人情報保護方針について

修理班MAYAMAXX

会社概要の告知


運営会社 マリン水道サービス
運営会社所在地 名古屋市中村区名駅3-24-8
屋号 修理班MAYAMAXX
都心SS 川口市元郷6-10
URL https://www.shootsuido.com/
営業時間 24時間
業務内容 水漏れトラブル修理、水道まわりの総合メンテナンス、つまり抜き修理、水栓交換、給排水設備工事、漏水調査、各種水廻りのリフォーム、ポンプ修理、給湯器交換など
役務提供の開始時期 お客様から当社にお電話・電子メールでで修理(施工)依頼があり、当社スタッフがお客様指定の現場に到着してからとなります。
工作物等引き渡し時期 現場にて引き渡し
お支払い方法 現金、銀行振込
お支払い時期 作業完了後となります。お振込みの場合は、原則1週間以内となります。ただし、お客様を担当した修理施工スタッフとの協議で最終b決定とします。
補足事項 24時間他対応で東京23区内で発生した水まわりの修理やメンテナンス業務に努めています。水漏れ・詰まりなどの水道の修理が御座いましたら緊急出動できるよう心がけております。

【 クーリング・オフについて 】

1:訪問販売(個人宅へのご訪問の時点)で申込をされた場合、原則として報告書(書面)を受領した日を含む8日間は、水道修理(工事)完了後であっても法定書面の提示により無条件で「クーリング・オフ」が可能です。
2:基本料金以外に追加されたサービス(水漏れ/詰まりなどの修理や工事)は、「訪問販売」に該当します。
3:お客様から電話・問い合わせフォーム等から施工(修理・工事)を依頼をした箇所(関連性がある箇所を除く)以外は、契約が成立していたり、当社スタッフから「不実告知」・「故意の事実不告知」を告げられて誤認したり脅迫などによって、お客様を困惑させて修理工事が完了していた場合でもクーリング・オフが可能です。
4:次のような場合は、クーリング・オフができませんのでご注意下さい。
 a.3,000円(税別)以下の場合(基本料金は、クーリング・オフ対象外となります。)
 b.当社は、店舗を有しません。故に、お客様と継続的な取引関係(365日以内で複数回の取引)にあり、申込をされた場合。
 c.お客様が営業のために申込された場合(事業者として申込をされた場合)
 d.訪問販売により購入した商品でも使用や消費により価値が著しく減少する可能性があるもの(消耗品)については、使用したり一部を消費したりした場合には、クーリング・オフ適用外となります。
5:クーリング・オフにあたり、損害賠償や違約金を支払う必要がなく商品の引き取りや権利の返還に要する費用を販売者が負担します。既に商品代金や対価の一部を支払われている場合には、速やかに販売者からその金額の返還を受けることができます。また、役務の提供に伴い土地や建物やその他の工作物など原状が変更された場合には、無償で原状回復を販売者に請求できます。

※ クーリング・オフ申請をする場合には、お客様を担当したスタッフが窓口となります。


個人情報取扱い方針

運営会社:マリン水道サービス(以下、当社という。)は、水回りの修理・施工・工事など、各種サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりしております。当社は個人情報を保護しお客様に信頼性と安心感をご提供できるように努めます。当社は、個人情報に関する日本国法令を遵守し個人情報の適切な取扱い管理を致します。

1.個人情報の取得について
当社は、水道の修理業務に用いるために、お客様の個人情報を適切に取得致します。なお、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集する場合があります。

?ご予約・お問い合わせ

2.個人情報の利用について
当社は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用致します。以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人様の同意を得た上で行ないます。
?お客様ご依頼の修理対応に用いるため
?ご予約・お問い合わせに対する回答や確認のご連絡のため
?個人情報を特定しない統計情報に利用するため

3.個人情報の安全管理について
当社は、取扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

4.個人情報の第三者委託について
当社は、お客様の個人情報取扱いを第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。

5.個人情報の第三者提供について
当社は、日本国法(個人情報保護法等の法令)に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。

6.個人情報の開示・訂正等について
当社は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。個人情報の内容に誤りがありご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、事実調査の上で速やかに、これらの請求対応を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に一切応じません。

7.その他の注意事項
当社が運営するコンテンツや掲載広告などからリンクされている第三者のサイト及びサービスは、当社とは独立した個人情報の保護に関する規定やデータ収集の規約を定めています。当サイトはこれらの規約や活動に対していかなる義務や責任も負いません。

8.個人情報の管理方法の継続的改善について
当社は、個人情報の管理方法を見直し継続的に改善に努め実施致します。

9.個人情報保護方針の変更
当社規定の本方針の内容は変更されることがあります。変更後の本方針については、当社が別途定める場合を除いて当サイトに掲載した時点を基準とし効力を生じることと致します。

個人情報保護法の対象
個人情報の管理について多くの会社で認識されるのが「管理対象とすべき個人情報はどの範囲か」「個人情報とは何か」といった問題です。個人情報とは「特定の個人を識別することができる情報」ですが、従業員が個人的に保有している名刺やはがきの一枚一枚までを企業が管理するのは現実的ではありません。
日本国法が定める個人情報保護法では、個人情報が複数集められ検索可能な状態に整理された一式を「個人情報データベース等」として、さらにこの「個人情報データベース等」を事業活動で利用している事業者を「個人情報取扱事業者」と定義しています。同法令ではこの「個人情報取扱事業者」の責務に求められることが規定されています。法令順守の観点から会社が第一に注意すべき点は、この「個人情報データベース等」の取り扱いについてどのような管理をなされているかだと言うことです。

令和3年11月5日改定



当社では、東京都を中心とした水まわり・水道の出張修理に対応しております。個人を特定する個人情報の管理は、当社規定の伝達方法でお客様を担当する修理施工スタッフと共有していることをご了承ください。

水道修理のご依頼について
水道修理の初動や連絡先は、以下の手順に従って行うことが一般的です。
水漏れやトラブル発生時の対応:
水道トラブルが発生した場合は、まずは速やかに水の供給を止めるために主止め栓を閉めます。
水漏れ箇所が特定されている場合は、その周囲をタオルやバケツで拭き取り、水の広がりを抑えます。
修理業者への連絡:
水道修理の必要性がある場合は、水道修理業者に連絡します。
地域によっては、水道局や自治体が提供する緊急連絡先や水道トラブル専用のダイヤル番号がありますので、それを利用することもできます。
修理業者には、トラブルの内容や現状を的確に伝え、緊急性がある場合は早急に対応を依頼します。
水道局への連絡:
水道トラブルが大規模なものや、水道局の設備や管路に問題があると思われる場合は、水道局に連絡することも適切です。
地域によっては、水道局の緊急連絡先やダイヤル番号が用意されている場合がありますので、それを利用します。

●修理業者や水道局の連絡先は、以下のような方法で確認できます:
パンフレットや案内書: 水道局や修理業者が配布しているパンフレットや案内書には、連絡先や緊急時の連絡先が記載されている場合があります。
インターネット検索: 地域や都市名、水道修理などのキーワードで検索すると、地域の水道局や修理業者の連絡先を探すことができます。
近隣の住民や管理組合: 近隣の住民や管理組合に相談し、地域でよく利用されている修理業者や水道局の連絡先を教えてもらうこともできます。

水道修理の初動や連絡先は、地域によって異なる場合がありますので、現地の状況や利用可能な情報源を確認して適切な対応を行うことが重要です。