水道局指定工事店について

水道の修理班

認定工事店と非認定工事店の違い

技術革新によってインターネット社会が目覚ましく発展している今日この頃ですが、水回りトラブルについては、昔から発生する自然現象でもあります。
突然の水漏れや排水つまりなどの水トラブルが発生した時に、水道修理業者をスマートホンやインターネットで検索をすると、数々の水道業者が検索表示されて、どこの水道業者に連絡したらいいかわからないという方が少なくありません。
実は水道業者には、水道局指定工事店に認定されている業者と非認定の水道業者があります。
水道局指定工事店とは、水道法施行令に定められている基準に合う水道工事ができる会社のことをいいます。給排水設備の国家試験の合格者が水道会社に在籍(非在住者で申請している場合もある。)していれば申請可能となります。管轄水道局は、地域単位で各申請を要します。申請承認されたとしても管轄水道局と一切関係なく悪徳業者であっても管轄水道局に一切責任転換することができません。あくまでも、申請受理されているといったところで、安心して水道修理を依頼できる水道会社と思い違いをしないようにしてください。(※:管轄水道局から認可を受けているだけで料金などの明確な基準がありません。)
したがって、水道指定業者だからといって絶対に安全だということを断定することはがきませんし、逆にぼったくられることがありますので気をつけてください。
すなわち、水道業者選びを行うときの指標のひとつとして考えるだけにとどめましょう。

水道局指定工事店の認定を受けるためには、業者の知名度や規模は一切関係がありませんし修理し施工料金に対する基準も定められていません。
認定業者か非認定業者かによって後々に影響することに大差がないということを十分に覚えておきましょう。インターネットの検索上位に表示される水道業者でも非認定の場合があります。非認定業者に水回りの修理を依頼した場合には、お客様所有の敷地内で起きた水漏れやつまりなどの商品に対して修理することが可能です。しかし、給排水配管関連の施工工事については施工工事を行うことか法律上禁止されているだけです。すなわち、非指定業者には給水管の交換などの工事が認められていないということです。
仮に、敷地外の給排水配管の施工工事を非認定業者が行うと法律上、ペナルティを受ける可能性があります。また、工事が必要だった場合、非認定業者だと工事ができないので、出張費だけを支払うケースになってしまうこともあります。
お客様が所有する敷地外の給排水設備の修繕工事を医大する時には、無駄な費用がかかってしまうこともありますので、その時には地域を管轄する認定工事店にご相談下さい。

水道局指定業者であっても全員が国家資格を保有しているわけでない
水道局指定業者であっても、全員が国家資格を保有しているわけではありません。水道局が指定する業者は、一定の技術基準や資格要件を満たしていることが求められますが、具体的な資格保有の有無は業者ごとに異なります。
一般的に、水道設備や配管の修理・施工を行う業者は、関連する技術や知識を持つ資格や免許を保有していることが望ましいです。例えば、配管工事を行う場合には、配管工事技能士や配管施工管理技士の資格が求められることがあります。
ただし、水道設備や配管の修理やメンテナンスに関しては、必ずしも国家資格を持っている業者である必要はありません。実績や信頼性、業界組織への加入、お客様の口コミや評判などを考慮して業者を選ぶことも重要です。

水道トラブルの修理やメンテナンスを依頼する際には、業者の信頼性や技術力を確認するために、事前に下記のようなポイントをチェックすることをおすすめします:
・業者の評判や口コミを確認する。
・業者が所属する業界組織や協会に加入しているかを調べる。
・業者の実績や経験年数を確認する。
・無料見積りや相談を受け付けているかを確認する。
・施工保証やアフターサービスについて確認する。

また、水道トラブルの修理やメンテナンスを依頼する際には、業者に直接質問して資格や経験について確認することもおすすめです。信頼できる業者を選ぶことで、安心して作業を依頼することができます。

電話相談
電話無料相談は、水道指定業者で聞いてみる
水道指定業者に電話で相談してみるのも一つの方法です。水道指定業者は、水道管に関する専門知識を持っているため、トラブルについて的確なアドバイスをしてくれることが期待できます。また、水道指定業者によっては、無料で電話相談を受け付けている場合もあるので、まずはそういった業者を探してみることも良いでしょう。ただし、電話でのアドバイスはあくまであくまで目安であり、正確な原因や修理費用は現地調査が必要となることがあります。

水回り設備の水トラブルは、水道指定工事店に相談

水回りの設備で発生する水トラブルは、専門家である水道指定工事店に相談することが賢明です。水道指定工事店は、水道関連の設備や問題に対して専門的な知識と経験を持つプロフェッショナルです。以下に、水道指定工事店に相談する際のメリットとポイントを示します:

専門的な知識と経験
水道指定工事店は水道設備に関する専門的な知識を持っており、さまざまなトラブルの診断と修理を行う経験を持っています。
正確な診断と適切な対処
水道指定工事店はトラブルの原因を正確に特定し、適切な対処法を提案してくれます。適切な修理や改善策を行うことで、トラブルの再発を防ぐことができます。
法規制や安全基準の遵守
水道工事は法規制や安全基準を守る必要があります。水道指定工事店はこれらの基準に準拠した作業を行うため、安心して依頼できます。
保証とアフターサービス
水道指定工事店に依頼することで、修理や設置に対する保証やアフターサービスを受けることができる場合があります。これにより、万一のトラブルに対しても安心感があります。

水道指定工事店を選ぶ際には、信頼性や評判を確認し、複数の業者から見積もりを取ることで適切な選択ができるでしょう。

水道製品は、製造メーカーに直接問い合わせる
水道製品に関する問い合わせをする際、製造メーカーに直接問い合わせることは非常に有益です。製造メーカーはその製品についての最も正確な情報を提供できるだけでなく、トラブルシューティングや保証に関する情報も提供してくれます。以下に、製造メーカーに問い合わせる際のポイントをいくつか示します。
公式ウェブサイト
製造メーカーの公式ウェブサイトを訪れることで、製品情報や問い合わせ先を確認できます。多くの場合、問い合わせフォームやカスタマーサポートの連絡先が提供されています。
カスタマーサポート
メーカーのカスタマーサポートに電話やメールで問い合わせることができます。製品に関する疑問やトラブルについて詳しく説明し、専門家から適切なアドバイスを受けることができます。
製品情報とシリアル番号
購入した製品の型番やシリアル番号などの詳細情報を手元に用意しておくと、迅速な対応が期待できます。これにより、メーカー側も問題を正確に把握しやすくなります。
保証情報
製品の保証期間や内容についても問い合わせて確認しましょう。保証期間内であれば、修理や交換に関する手続きを案内してもらえます。
詳細な情報提供
問題や疑問点についてできるだけ詳細な情報を提供すると、迅速な対応が期待できます。具体的な症状や状況を説明することで、的確なアドバイスをもらえます。

製造メーカーに直接問い合わせることで、効果的な解決策を得ることができます。また、正確な情報を提供してスムーズな対応を促すことも大切です。


総合手順案内